ビジネス

【2016年のまとめ】子育て元年で思うこと

残すところ数時間で、2016年が終わろうとしています。

私の2016年の仕事納めは、30日の会社サーバー移行という地味な幕引きとなりました。
帰省や旅行に行ってる人の投稿を見ながら恨めしくも思いながらサーバーエラーと闘い、何とか終わりました。(メール設定がまだですが)

2016年は、あなたにとってどんな年でしたでしょうか?

私は、仕事と子育ての両立に明け暮れましたが、来春から娘が保育園の予定なのでペース配分がまた変わる事となりそうです。
プライベート的には、新しい事は全くと言っていいほどなく、「飲みに行くより、娘とお風呂」な状況でした。

2016年、子育て1年目

仕事と育児の両立は、時間をコントロール出来る状況にすれば簡単ですが、ベンチャーや制度ありきの会社だと厳しいのが現状と思います。
「男の子育て」や「働き方革命」が注目されていましたが、「働く現場」においてはマダマダですね。

幸いにも時間がコントロール出来る状況で仕事ができたので、娘が産まれてからの1年2ヶ月を過ごした事を思い返すと、こんなに素晴らしい時間はありませんでした。
娘が道を踏み外しそうになった時、この事を思い出せば、ほとんどの事は乗り越えられそうです(笑)

そして、時間の融通や状況を理解してれた仕事関係の皆さんには、感謝感謝でございます。

2016年、仕事

10年以上継続している事業コンサルティング

大手小売業、検索エンジン最大手、電子書籍事業、デジタルマーケティング支援など、IT事業メインに複数の案件に携わりました。

とは言え、「労働集約型ビジネス」なので、多くの案件が手掛けれません。
ここが悩みのタネですが、もう少しの期間は自らも関わり続けようと思っています。

デジタルマーケティング事業

堅調です。
広告代理店的(Web広告の提案、運用、改善実行)な動きもありますが、本来やりたいのは「デジタル教育」の領域。
2017年には軸足をシフトする為に、仕組み作りを始めます。

メディア事業

なかなか深く手掛けれなかったメディア事業が、2016年末に一筋の光を見出す事が出来ました。
売上的にはまだまだですが、スケール出来るベースとなり、これから楽しみな展開となりました。
当たりハズレがあり、時間がかかるモデルなので、長い目でじっくり仕上げていこうと思っています。

その他

スマホ特化事業や徳島受託ビジネス(構想段階で本気指数が低い)がありますが、書くと長くなりそうなので別の機会に書こうと思います。

2016年、プライベート

新しくチャレンジした事は、全くありません、、、
2017年は、プライベートで新しい事を始めたいですね。
例えば、船を出して海釣りして、釣った魚を民宿で捌いてもらって、みんなで宴会したりするが理想です。
アクティブなアウトドアも求めています。

大きな買物はしていないですが、車購入の情報収集としてベンツの試乗しました。
初めてEクラスのディーゼルを試しましたが、独特なエンジン響きで驚きでした。
シート下から振動が突き上げてくるような感じで、2,000回転くらいでのに吹け上げ感が今までに無い感覚。
2013年式、走行2,3km、乗り出し450万円、社用車として償却期間が短い処理なので経費的にはいい感じです
選択肢が広がりました。

店の在庫を見ていると最近のCクラスはボディスケールがある事に気が付き、一昔前のマダムが乗っていた印象から大きく変わりました。
今のCクラスなら男が乗っても、恥ずかしくないですね。

でも元中古車屋の経験から、正規ディーラーや認定中古車の粗利(会社側の)を考えると、どうにもこうにも店舗で買う気になりません。
新車で買うならディーラーしかないですが、中古だと色んな流通があり選択肢が増えますが、オークション会場で買う可能性が高いですね。

まだ、買わないけど。

2016年、最後に

2017年の大指針は、7つの習慣的には「第2の習慣」になります。
人生の大枠を意識して取り組むべく精進します。

子育て1年目の新米でしたが、皆さんに多くのアドバイス頂きトラブルも無く順調でございます。
とは言え、夜泣きからの朝5時起きで抱っこしているので、42歳の身体にガタがきそうです、、、

それでは良いお年を、お迎え下さいませ。
2017年も、よろしくお願いします。

関連記事

  1. 4月からの新生活で寝る時間を見失った
  2. AmazonのKindle Unlimitedを実際に使ってみた…
  3. 忙しい人向けの、お盆の過ごし方
  4. 2015年9月からの新ブログになります。宜しくお願いします。
  5. ありがとうございます!母子ともに健康で2,344g女の子誕生。
  6. 今日からプレミアムフライデー!今日の予定をどうしよう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP