プライベート

AmazonのKindle Unlimitedを実際に使ってみた。980円で本読み放題!?

スポンサーリンク

AmazonがKindle Unlimitedサービスを開始しました。

プレスリリースより。

Amazon.co.jp (以下、Amazon) は本日2016年8月3日(水)、Kindle Unlimitedサービスを開始致しました。
本サービスは月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。
池井戸 潤、葉室 麟、石田衣良、堀江貴文、北条 司、手塚治虫などの人気作家による数多くのベストセラーやコミックをはじめ、週刊エコノミストやwithなど240タイトル以上の雑誌 *の中からお読みいただけます。
対象作品にはKindle Unlimitedロゴが付加されており、会員は「読み放題で読む」をクリックするだけですぐに読み始めることができます。
Kindle Unlimitedは本日より利用可能で、お手持ちのiOS/Androidスマートフォン・タブレットやPC・Mac用のKindle無料アプリ、そしてKindle電子書籍リーダーやFireタブレットでご利用いただけます。
本日よりhttp://www.amazon.co.jp/kindleunlimitedでスタートし、初回の30日間は無料でお試しいただけます。

多くの人はAmazonで本を買っていると思いますが、私も例外ではありません。(年間で200冊買った事もあります)

街の書店で買う事もありますが、90%はAmazonで買っています。
欲しいと思った時にスグに買うことができ、資料用の本であれば中古で問題無いのでマーケットプレイスで事も。
中古の場合、相場的には定価×30%程度。

KindleのiPhoneアプリを確認すると、今までKindle版を有料で買った本は5冊程度です。
Kindle版は製本された本に比べ、10%程度安く買うことが出来ますが、手にとって本を読む事が出来ないので、読み流すタイプの本に向いていると思います。
(読みたいけど、本で無くてもいいかぁっと思う本がKindle版購入の基準)

発表されたKindle Unlimitedは、Kindle版の書籍を月額980円(しかも30日間無料)で、和書12万冊が読めるという信じられないサービスです。

本好きにはもってこいのサービスなので、早速使ってみました。

そもそもKindleって何?

Kindle
正式名称=Amazon Kindle
Kindleとは、Amazonが提供している電子書籍リーダー、コンテンツ配信、アプリやプラットフォームの総称です。

Kindle Unlimitedの利用方法

Kindleを使って電子書式を読むには、
専用のKinndle端末、iPhone,Androidのスマートフォン、iPad等のタブレット端末、Mac/WindowsのPC端末があれば読むことが出来ます。
Kindleで電子書籍を読むには、下記のようなKindle端末のみと思っている人もいますが、ほぼ全てのネット端末に対応しています。

私は、Kindle端末を買わずに、iPhoneとiPadにKindleアプリを入れて読んでいます。
私のiPhone端末では、下記のように表示されます。
kindle,iPhone.iPad
Kindle端末を買うことも考えましたが、持ち歩く事も無いので購入に至らず。

スポンサーリンク

Kindle端末は、時々キャンペーンで5,000円引きになっている事もあるので、興味ある人はチェックして下さい。
※2016年8月9日時点では、5,000円OFFキャンペーンをしています。

Kindle Unlimitedで、どんな本が読めるか

Kindle Unlimitedでは、通常のKindle版に対応している本の一部が対象となっています。

kindle
(クリックで画像が大きくなります)

ジャンルも網羅しており、小説、ビジネス書、雑誌、タレントの写真集まで対応しています。

Kindleのカテゴリー抜粋

文学・評論
人文・思想
社会・政治
ノンフィクション
歴史・地理
ビジネス・経済
投資・金融・会社経営
科学・テクノロジー
医学・薬学
コンピュータ・IT
アート・建築・デザイン
実用・ホビー
スポーツ・アウトドア
資格・検定
暮らし・健康・子育て
旅行ガイド・マップ
語学・辞事典・年鑑
教育・学参・受験
絵本・児童書
コミック
ライトノベル
ボーイズラブ
タレント写真集
エンターテイメント
アダルト
~ここまで~

ちなみにタレント写真集で検索してみると、壇蜜さんが対象でした。
小説やビジネス書でも新刊や著名な作者の場合、Kindle Unlimitedの対象となっていない場合が多いですが、それでもかなり楽しめます。
男性向けの雑誌だと、LEON,MEN’S EX,GOETHE,男の隠れ家,大人の週末,Tarzan等が読め、かなり充実。

Kindle Unlimitedの注意点

文句のつけようのないKindle Unlimitedですが、注意する点もあります。

1.対象かどうか、確認してクリックする必要がある。
Kindle Unlimitedに対象かどうかは、下記画像のように表記上の違いがあります。
[1clickで今すぐ買う]と間違えると、Kindleの有料版で購入となります。
対象かどうかを良く確認して、選びましょう。
kindle unlimited対象

2.Amazonアカウントあたり、10作品まで
読み放題なので、どんどん検索してとりあえず読んでみようと思って操作していたところ、10冊で上限となってしまいました。
そう、Kindle Unlimitedでは上限10冊となっています。
しかし、この制限は問題ではありません。

10冊ダウンロードしたら、いずれかの本を読んで、読んだ本は削除すれば新たに追加できます。

まとめ

ホントに便利なサービスです。
本はこれから、定額制の時代がやって来る可能性が高いですね。
一部の業界では、定額制書籍がありましたが、プラットフォームや出版社が続々と乗り出してくれば、私のような”本の虫”に取っては嬉しい限りです。
今まで買おうと思わない本でも、Kindle Unlimitedで試しに読んで気にいれば購入したり、同じ筆者の本を買うことになりそうです。

そして読む本が多くなれば、Kindle端末を買うかも知れません。
(iPhoneだと画面が小さいので、読みにくいので)
Kindle端末を持っていれば、10冊制限が解除出来ればいいのに。

これからの読書ライフが、ますます楽しみになりました。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【2016年のまとめ】子育て元年で思うこと
  2. 今日からプレミアムフライデー!今日の予定をどうしよう?
  3. ありがとうございます!母子ともに健康で2,344g女の子誕生。
  4. 4月からの新生活で寝る時間を見失った
  5. 忙しい人向けの、お盆の過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP