テレワーク

【これで快適】テレワーク(在宅勤務)で必要なアイテムのまとめ

テレワーク,リモートワーク,在宅ワーク,パソコン

普通の会社員から起業して、コンサルティングやWebマーケティング界隈でビジネス展開しています。
2005年に起業した時に、「余計な物、無駄な時間、意味のない人間関係は排除する」と決めました。サラリーマン時代に「会社の仕組みとしての無駄」を感じていたので、起業した時に具体化しました。

起業してやった事

・決められた時間に出社&退社無し
・社員0名
・取締役、業務委託、アルバイトで組織構成
・固定したオフィス無し
・ミーティングは基本的にオンライン
・外でのミーティングは、ホテルのラウンジやカフェ
・会社運営はクラウドツールをフル利用
・経理や決算処理は全て外注

2020年においても、オンラインを「コミニュケーションの軸」にしてます。
今回は、新型コロナウイルスの影響でテレワークする人に、「テレワーク歴15年の実体験」を元に家で仕事するのに必要な物を選びました。
これがあれば快適に仕事できる!

パソコン・周辺機器

・パソコン(デスクトップ型/ノートパソコン型)

デスクトップ型は、テレワークに最適なマウスコンピューター、がオススメ。
基本的な仕様をベースに、SSDの容量を上げたり、メモリを増やせたり出来ます。
国産のPCで、カスタマーサービスも充実しています。
カスタマイズ生産の為、注文してからの納期が10日程度は掛かります。

ノートパソコンも、マウスコンピューターがオススメしますが、Panasonic(パナソニック) Let’s noteThinkPadもいいと思います
ノートパソコンの場合、後でメモリーを増設したり、SSD換装するのが出来ない端末も多いので、購入時に仕様をしっかり決めましょう。
動画編集やグラフィック作業が必要なければ、10万円前後で十分です。

中古パソコン(リユース・リフレッシュ)の場合

Windows

楽天で一般的な業務に使えそうな中古パソコンの相場をチェックすると、3万円前後からそこそこのスペックで売ってました。

Mac

楽天でアップルMacBook Airの相場をチェックすると、Apple公式と大差ありませんが、楽天ポイントがつくのお得だと思います。

キーボード

キータッチにかなり好みが分かれますが、オススメはLogicool KX1000S キーボードです。
テレワーク,在宅ワーク,キーボード

 

ロジクール Craftという独自の入力ダイヤルが付いており、クリエイティブ作業が捗ります。
キーボードの打感もよく、外観も高級感があるのでテンションが上がります。

セキュリティソフト

ESETが動作が軽くて、お値段手頃。
ダウンロード版で、インストール出来る端末数(1台,3台,5台)で料金が異なります。
1人で利用するなら、1台か3台。
家族で利用するなら、3台か5台がオススメです。

ディスプレイモニター

デスクトップでもノートでも、ディスプレイは2枚あったほうが、業務効率が飛躍的に上がります。

 

これはもう常識なので、ディスプレイモニターは2枚にしましょう。
ディスプレイ3枚使う人もありますが、3枚だと置きスペースの問題があるので、デスクのサイズ感を確かめてから買いましょう。

PCに接続するマイク

テレワークするとzoomやSkypeで会議で利用する事が増えるので必要です。

 

通信・インターネット回線

インタネット回線は、固定有線か無線(Wi-Fi)かを決める必要があります。
業務内容によりますが、メールやブラウザ程度であれば無線でも大丈夫と思います。
ただし無線(Wi-Fi)の仕様上、どうしても回線速度が遅くなる時間帯があるので、安定した早い回線が必要な時は、光回線有線版を利用する事をオススメします。
Speed is King!

光回線(固定)

無線の場合は、据え置き型か持ち運び型に分かれます。
自宅から出ない場合は、工事が必要無く、即日使える据え置き型wifiがオススメ。
通信キャリアによって、割引特典やプランが違うので、今つかっているスマホ契約を合わせて検討しましょう。

カフェで仕事したり移動が多い場合は、ルーター型になります。
オススメは、Wimax、Fujiwifi。
通信容量は無制限、出来れば契約期間の縛りは2年以内が理想です。

FAXもインターネットで受け取ろう

実はFAXも電話回線でなくインターネットで受け取れます。
03,06番号も取得できて、パソコン/スマホ端末で送受信できるので、会社でFAX待ちをする必要はありません。
≪eFax≫(30日間無料)全世界1200万人が利用しているefax
がオススメ。

デスクや椅子

オフィスチェア

高級オフィスチェアは何年も使えるので、価格的には高いかも知れませんが間違いなく費用対効果はいいです。
エルゴヒューマンオカムラ シルフィが人気です。

オフィスデスク

サイズ感を間違えなければ、何でもいいと思います。
ディスプレイ2枚で仕事するなら、幅120cm、奥行き45cmは必要です。
部屋の広さに余裕があれば、L字型がいいでしょう。

テレワークにマッサージはマスト!

マッサージ機

私が使っているのは、足裏をグリグリと揉んでくれる足裏マッサージ器
デスク下にも置けるので、仕事中でも快適なマッサージをうけれます。
テレワーク,在宅ワーク,マッサージ,足裏

ストレッチ器具(筋膜リリース)

自宅で仕事するとイスの座り心地が悪かったり、運動不足で身体が固くなってきます。
筋膜リリース器具があれば、肩こりや腰痛はかなり改善します。
特にPC作業が多くなると、肩まわりや背中が緊張するので、必須アイテムです。

最後に

テレワークに道具は必要ですが、最も大切な事はセルフコントロールです。
誰も見ていない環境で、効率的に仕事を進めないといけないので、「自らを管理する」事が求められます。

とは言っても、テレワークすると「生活の質」は向上します。
空いた時間に、プライベートな用事もこなす事ができます。
洗濯や掃除の家事も、休憩時にササッとできるので、意外と家がキレイに保てます。

リビングや子供部屋を使って仕事する事もあると思いますが、必要な物を揃えてテレワークを楽しみましょう。